- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

アルツハイマー病
受診する科
神経内科 / 精神科
基本情報
症状や特徴
65歳以降に発症することが多く、物忘れから始まって記憶障害が生じ、計算力、判断力、注意力が低下し、日常生活を支える時間や日付、場所、人物の見当識も低下する。

さらに言葉を口にしなくなる、服を着ることができないなど求められる行動ができない、今見ているものを認識できなくなる。

ときに、妄想、徘徊、興奮などの問題行動も見られるが、人格が極端に崩れるようなことは少ない。

原因
大脳の変性疾患といわれ、大脳が委縮することによりおこる。

βたんぱくの代謝異常が大脳の変性を進めるのではないかという説の他、多くの仮説があるが明確なところはわかっていない。

検査
 ・長谷川式簡易知能評価スケール、ミニメンタルステートなどによる検査。

頭部CTやMRI検査による大脳委縮チェック。

脳波検査、脳血流検査、PETによる脳酵素・グルコース代謝検査。

主な治療法
神経伝達物質である脳内のアセチルコリンの減少には、アセチルコリンエストラーゼ阻害薬などによる治療を行う。

早期診断により薬物を使用すれば、それだけ認知症の進行を遅くすることができるとされる。

その他、幻覚・妄想・興奮などには抗精神病薬が、無気力・無関心には抗うつ薬が処方される。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
アルツハイマー型初老期認知症、アルツハイマー型老年認知症、アルツハイマー型非定型認知症、アルツハイマー型認知症... 続き(あと2病気)
この病気に関連する症状
記憶障害がある、計算ができない、判断力が低下する、注意力が低下する、日時の感覚があいまいになる、親しい人の名前がわからなくなる... 続き(あと1症状)