- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

ガストリノーマ
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
消化酵素と胃酸の分泌を促すホルモンであるガストリンが過剰に分泌されると、「ガストリノーマ」というガストリンを産生する悪性の腫瘍が膵臓や十二指腸にできることがある。この腫瘍は、胃や十二指腸に難治性の腫瘍をつくることがあり、こうした一連の作用をゾリンジャー・エリソン症候群という。 この病気の25%は病気が見つかったときには潰瘍がなく、初期症状として下痢がみられる。
原因
ガストリンが過剰に分泌され、胃壁を刺激することで起こる。
主な治療法
プロトンポンプ阻害薬を用いる。 多発性でなければ潰瘍を切除すると完治するが、潰瘍はとても小さく、手術を行っても局所を見つけるのは容易ではない。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
十二指腸悪性ガストリノーマ、悪性ガストリノーマ、十二指腸ガストリノーマ、ガストリノーマ
この病気に関連する症状
下痢になる