- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

クローン病
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
口、のど、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門と続く消化管のいずれの場所にも炎症が発生し、それにより潰瘍ができたり、出血したりする慢性の病気。炎症は腸の壁の内側から外側までのすべてに生じ、深い潰瘍や癒着が起こり、腸の内容物が外に流出したり、副腔内や肛門の周囲に膿をもったりする。炎症の部位によって症状が異なり、下痢や腹痛、腹部の腫瘤、発熱、全身倦怠感、血便、下血、体重減少、貧血などがみられ、関節痛、皮膚症状、ぶどう膜炎、胆石、尿路結石などを合併することもある。10~20歳代で発病することが多く、難病として特定疾患に指定されている。
原因
遺伝子因子、腸内細菌の影響、免疫の異常などが関与しているといわれるが、明らかではない。
主な治療法
治療法は確立していない。薬物療法としては、シプロフロキサシン製剤などの抗菌薬、5-アミノサリチル酸製剤、ステロイドや6-MPやアザチオプリンなどの免疫抑制薬、抗TNF-α抗体が使用されることもある。栄養療法としては、経腸栄養を用い、重症例では完全静脈栄養を用いる。狭窄や穿孔、膿瘍がひどいときや、内科的治療で症状が軽快しないときは、小範囲の切除や狭窄形成術を行うが、クローン病では、炎症のある腸を全切除しても根治しない。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
十二指腸クローン病、回腸クローン病、小腸クローン病、空腸クローン病、大腸クローン病、直腸クローン病、虫垂クローン病... 続き(あと7病気)
この病気に関連する症状
だるい・疲労・倦怠感がある、お腹が痛い、お腹にしこりができる、下血(黒いタールのような便がでる)がある... 続き(あと6症状)