- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

表在性点状角膜炎(コンタクトレンズ眼症)
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
コンタクトレンズを使用することで引き起こされる角結膜障害。

多くはレンズによって角膜(黒目)や結膜(白目)が傷つき、そこに細菌が感染して炎症を起こすものである。

再発を繰り返すと結膜に濁りができたり、角膜まで血管が走ったりする。

一般的なものとして、角膜に小さな傷がつく点状表層角膜炎があり、このほか、結膜炎、びまん性表層角膜炎、角膜湿潤などがある。

細菌や真菌によって角膜炎を起こすと失明などの視力障害に至ることもある。

原因
コンタクトレンズを装着したまま眠ること、不適切なレンズのケア、目に合わないレンズの使用などがおもな原因である。

主な治療法
コンタクトレンズの使用を中止し、適応する点眼薬で治療する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
表在性点状角膜炎
この病気に関連する症状
目が充血する