- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

ダンピング症候群
受診する科
消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
胃が切除されて、胃に入った食物が短時間で小腸に送られるため、食後に不快な症状が起こる。 食後30分以内に発汗、動悸、腹痛、下痢などの症状が現れる早期ダンピング症候群、食後2~3時間たった空腹時に脱力感、冷や汗、めまい、手指の震え、ときに失神が起こる晩期ダンピング症候群がある。
原因
食物が胃から小腸に急速に流れ落ちるため、小腸で放出されるセロトニン、ヒスタミン、プラジキニンなどの物質の分泌も性急になり、それが自律神経のはたらきに障害を与える。炭水化物が急速に消化されると高血糖状態が起こり、その後インスリンの過剰分泌となるため、低血糖状態になる。また、腹水の循環不全、蠕動運動の乱れ、「食べると苦しい」という思いによる精神的要因も原因となる。
主な治療法
1回の食事量を減らし、ゆっくり食べ、食後30分は休息するようにする。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
ダンピング症候群、後期ダンピング症候群、早期ダンピング症候群
この病気に関連する症状
胃を切除している、汗がでる、冷や汗がでる、食後に汗がでる、動悸がする、お腹が痛い、食後にお腹が痛い、下痢になる... 続き(あと5症状)