- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

バージャー病
受診する科
循環器科
基本情報
症状や特徴
進行すると、手足に血液不足の症状が起こり、最終的には潰瘍や壊死ができることもある。慢性の動脈閉塞症の一種で、閉塞性血栓血管炎とよばれることもある。バージャー病は末梢血管が閉塞するのが特徴である。
原因
たばこによる血管内皮の障害や血液凝固能亢進、肉体労働で血管が傷つくことによって血栓ができると考えられている。
主な治療法
まずは禁煙し、血栓を抑える薬を使用したり、閉塞部分をカテーテルで拡張したり、バイパス手術を行うなどする。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
全身性閉塞性血栓血管炎、閉塞性血栓血管炎
この病気に関連する症状
足がただれる、手がただれる、足が青紫色になる、足が冷える、手が青紫色になる、手が冷える、歩行困難になる