- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

三叉神経痛
受診する科
ペインクリニック科 / 神経内科 / 脳外科
基本情報
症状や特徴
会話やあくび、くしゃみ、洗顔など、日常生活におけるしぐさや動作、また、風が頬をなでるなどのかすかな刺激をきっかけに、顔をえぐるような鋭い痛みが顔面の片側に生じる。

痛みの長さは数十秒程度である。

原因
顔面の感覚(痛覚、触覚、温度覚など)をつかさどる三叉神経の障害による。

三叉神経が血管によって圧迫されることで、電撃痛を発する。

三叉神経は、第1枝(眼神経)、第2枝(上顎神経)、第3神経(下顎神経)の3つの神経から成り、痛みが生じるのはおもに第2枝と第3枝の領域である。

圧迫による痛みは隣り合う神経の支配領域まで広がり、脊椎神経の領域である後頭部や肩まで痛みが達することがある。

検査
血管による圧迫の原因を明らかにするため、場合によっては体内の原因を調べる必要がある。

圧迫の原因には、副鼻腔炎や、まれに重大な動脈瘤、脳腫瘍多発性硬化症などが潜んでいることもある。

主な治療法
痛みの程度や全身状態、患者の年齢や希望などにより、治療方法を選択する。

まずは薬物療法が行われるが、 比較的効果があるとされるのが、てんかんの治療に使用する薬である「カルバマゼピン」という薬を内服することである。

痛みの伝達を抑えて症状を軽くする効果がある。

このほかにも、いくつかの薬があるが、眠気やふらつきといった副作用を生じるため、医師の指導を要する。

薬による効果が得られない場合で,脳幹部で三叉神経が小動脈に圧迫されている場合は、神経血管減圧術という手術により、後頭部を切開して手術用顕微鏡で圧迫している血管をずらし、三叉神経を減圧するという処置をとることがある。

ただし、手術しても再発する可能性もある。

このほか、三叉神経に針を刺して高周波電流を流す方法や、針の代わりに神経破壊薬を注射する方法がある。

これらの処置によって痛みは軽減されるが、しびれが残ることがあり、1~2年で再発することもある。

ガンマナイフという脳の深部の一点に放射線を当てる手術方法もある。

これにより、痛みが完全になくなる人もいる。

一方で、痛みに改善はみられるものの、薬の内服との併用が必要になる場合もある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
レイダー症候群、三叉神経痛、三叉神経痛第1・2・3枝領域、三叉神経痛第1・2枝領域、三叉神経痛第1枝領域... 続き(あと12病気)
この病気に関連する症状
目の奥が痛い、頭が痛い、頭痛を繰り返す、顔が痛い