- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

不正咬合
受診する科
歯科 / 矯正歯科
基本情報
症状や特徴
上下の歯が適切にかみ合っていない状態。

この状態が放置されると、効率よく噛むことができないうえ、発音に支障をきたすことなどもある。

また、歯みがきをしにくいためにむし歯や歯周病を悪化させやすく、見た目の問題が心理面に与える影響も無視できない。

【不正咬合の代表的な症状】

上の前歯と下の前歯の真ん中が顔の真ん中に一致しない。

  乱杭歯(らんぐいば) … 歯並びが雑然としている(八重歯が特に多い)状態。

  上顎前突 … いわゆる出っ歯。

  受け口 … 上下の前歯のかぶさりが逆になっており、下顎のほうが前に出ている噛み合わせ。

  下顎前突 … 骨格的に下顎の骨自体が大きくなる。

  開咬 … 奥歯の1~2本だけが噛み合い、前の歯のほうの歯は噛み合っていない状態。

  過蓋咬合 … 前歯のかぶさりが深すぎるため、下の前歯が上顎の前歯の後ろの歯肉を噛んでしまう状態。

  空隙歯列(すき歯) … 歯と歯の間にすき間ができる状態。

 など。

原因
先天的な原因と後天的な原因がある。

先天的な原因には、遺伝、全身疾患に関連するもの、顎の骨や舌の大きさ、歯の大きさや数によるものがある。

後天的な原因には、顎の成長過程で発症した内分泌疾患、栄養障害、外傷によるもの、顎変形症によるものがある。

また口をぽかんと開ける、指しゃぶり、唇を噛むなどの癖、むし歯なども噛み合わせに影響する。

すき歯は、顎の大きさに対して歯が小さすぎるとき、舌が前歯を押す習慣があるときに見られる。

中年以上では、歯周病が進み、歯を支える顎の骨が弱くなり、歯を支えられなくなったときなどに発症する。

主な治療法
原因となる病気や癖があれば治療する。

歯列は年齢に関係なく矯正はできるが、歯周病や欠損歯などがあると制約が加わる。

顎の骨と歯のずれが著しい場合は抜歯や外科手術が必要な場合がある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
オトガイ非対称、上下顎前突症、上顎前突症、上顎右側偏位、上顎左側偏位、上顎後退症、下顎前突症、下顎右側偏位... 続き(あと53病気)
この病気に関連する症状
歯の噛み合わせが悪い