- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

乱視
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
遠くも近くも見えにくい状態になることで、軽度の場合は自覚症状がない。

また、片方の目で見てひとつのものがふたつにみえる複視や眼精疲労を引き起こす。

原因
正乱視と不正乱視の二つに分けられる。

いずれも症状は同じである。

正乱視は、角膜または水晶体が歪んでいるために屈折異常が起こり、視力に障害をきたすものである。

不正乱視は、目の炎症や外傷などで引き起こされ、角膜の表面が凸凹になったために屈折異常が起こったものである。

主な治療法
正乱視は球面レンズだけでは矯正ができないため、円柱レンズを用いて矯正する。

不正乱視も、円柱レンズを用いて矯正する。

ただし、水晶体に原因がある不正乱視は手術を行わなければ矯正できない。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
不正乱視、乱視、倒乱視、先天性乱視、全乱視、対性乱視、屈折性乱視、斜乱視、正乱視、混合乱視、直乱視、視性乱視... 続き(あと4病気)
この病気に関連する症状
視力が低下する、ものが二重に見える、目が見えにくい、遠くのものが見えにくい、近くのものが見えにくい