- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

使い過ぎ症候群
受診する科
整形外科
基本情報
症状や特徴
運動を続けることで、筋・筋膜性腰痛、腱炎、軟骨の摩耗・剥離、離断性骨軟骨炎、コンパートメント症候群、疲労骨折などが起こる。こどもの過度な運動には注意が必要で、練習量が急激に増えたり、体型が変わったり、けがが完治していないのに練習を再開したりしたような場合でも発症することがあり、成人後でも後遺症として残ることがあるため、適切な治療が大切である。
原因
筋肉の使いすぎなどによって炎症を起こし、痛みを感じるようになる。
主な治療法
痛みを我慢して使い続けることが、悪化させることになるため、痛みが出たらすぐに休ませる。患部を冷やしたり、消炎鎮痛薬を用いたりして、痛みや炎症を抑える。痛みが和らいだからと、すぐに練習を再開することは避け、痛みがない範囲での運動やストレッチなどのリハビリテーションを続けながら行う。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
オスグッド・シュラッター病、肘関節離断性骨軟骨炎
この病気に関連する症状