- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

光視症
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
光源がないにもかかわらず、光が見える症状。

多くは目の外側で閃光のように一瞬見える。

光が消えた後、頭痛や吐き気が起こる場合は、閃輝暗点や血管性頭痛である。

原因
網膜と接する硝子体が加齢のために縮小すると網膜を引っ張ってしまい、その刺激で起こる。

まれに、網膜が破れたり、網膜剥離が起こる危険もある。

主な治療法
経過をみて、網膜剥離の恐れがあればレーザー治療を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
光視症
この病気に関連する症状
目がまぶしい、目の端に光が見える