- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

内痔核
受診する科
外科 / 肛門科
基本情報
症状や特徴
粘膜と肛門上皮の境となる歯状線の内側の直腸にできる痔核(いぼ痔)

感覚神経がない場所にできるため、ほとんどは痛みがないが、排便時に鮮血がポタポタとたれたり、痔核が大きくなって肛門外に脱出(はみ出る)ことがある。

原因
便秘、頻繁な下痢、妊娠、臀部(でんぶ)の冷え、重い物の運搬、飲酒などが、肛門内の静脈のうっ血を招いておこる。

検査
 ・問診、視診、指診、肛門鏡診、直腸鏡診。

主な治療法
痔核が小さい場合は、座薬や軟膏で痛みや腫れを抑える。

排便時に脱出がある場合などは、内痔核内に硬化薬を注入したり、腫れあがった痔核の根元を輪ゴムでしばり血流を止めて腐らせる輪ゴム結紮(けっさつ)法を行う。

脱出がひどい場合は、痔核に血液を送っている動脈をしばったのち、痔核を舟型に切開して血栓を摘出する結紮(けっさつ)切除法を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
血栓性内痔核、出血性内痔核、潰瘍性内痔核、炎症性内痔核、脱出性内痔核、内痔核
この病気に関連する症状
肛門から出血する、排便時に肛門から出血する