- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

副甲状腺機能亢進症
受診する科
内科 / 甲状腺科 / 内分泌内科 / 内分泌外科
基本情報
症状や特徴
原発性副甲状腺機能亢進症は、血液中のカルシウム量が増え、大量のカルシウムが尿中に排泄されるために、腎結石ができたり、腎糸球体や尿細管に沈着して腎石灰沈着症が起こったり、骨粗鬆症になることもある。症状の主体は、高カルシウム血症にもとづく、尿量増加、口の渇き、飲水量の増加など。また、便秘や皮膚のかゆみ、筋力低下、食欲低下、吐き気、さらに病状が悪化すると、集中力の低下や抑うつ症状、意識障害などが起こることがある。 続発性副甲状腺機能亢進症は、副甲状腺機能低下症以外の要因で低カルシウム血症になったときに起こり、低下したカルシウム濃度を上げようとして、二次的に副甲状腺ホルモンが過剰分泌される。
原因
原発性副甲状腺機能亢進症は、副甲状腺に生じた腫瘍や過形成が原因となっているもので、もっとも多いのは、腺腫とよばれる良性腫瘍の発生で、副甲状腺のひとつに起こる単発性がほとんどで、まれにすべてが肥大する多発性もある。また、副甲状腺がんや、ごくまれに多発性内分泌腺種症が原因となっている場合もあるが、これは遺伝によるところが大きい。 億発性副甲状腺機能亢進症慢性腎不全に起因するもの(腎性骨異栄養症)がもっとも多く、ほかに、ビタミンD作用の低下、腎臓からのカルシウム喪失、抗痙攣薬や骨吸収抑制薬の使用による低カルシウム血症などがある。
検査


主な治療法
原発性副甲状腺機能亢進症では、単発性の場合はその腫瘍を摘出し、多発性の場合は、腫れの少ないものをひとつだけ残し、残りの3つを摘出する。手術が出来ない場合は、脱水や高カルシウム血症クリーゼ、結石症、腎機能悪化などの防止や、骨折の予防に努める。続発性副甲状腺機能亢進症は、原因となっている病気の治療を行いつつ、低カルシウム血症の改善を図る。慢性腎不全やビタミンD剤作用の低下に対しては、活性型ビタミンD剤の使用を行い、また腎臓からのカルシウム損失に対しては、結石症を予防するため利尿薬を使用する。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
副甲状腺過形成、原発性副甲状腺機能亢進症、続発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺クリーゼ、副甲状腺機能亢進症... 続き(あと3病気)
この病気に関連する症状
のどが渇く、骨折しやすい、気分が沈む、だるい・疲労・倦怠感がある、意識がはっきりしない、集中力が低下する... 続き(あと6症状)