- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

労作性狭心症
受診する科
循環器内科
基本情報
症状や特徴
階段の上り下りや、走ったり、早歩きしたり、重い荷物を持ち上げるなど、からだを激しく動かしたときにおこる狭心症をいう。

前触れなく、突然、強い胸の痛みがおこる。

胸の痛みは、数十秒から数分続き、胸の奥に締め付けられる感じや圧迫感がある。

発症から6時間以内に適切な治療が行われれば、回復の可能性が高まる。

原因
からだを動かすと、全身の血流を良くするために心臓も活発に動くが、冠動脈が動脈硬化などによって狭まり、心筋に十分な血液が流れずに狭心症の発作がおこる。

高血圧、脂質異常症糖尿病、喫煙、肥満、ストレスなどが原因とされる。

検査
 ・運動負荷試験心電図。

主な治療法
安静にして動かず、水分補給とニトログリセリンの服用を行う。

症状によっては、血栓溶解薬を使用する。

さらに、症状によっては、経皮的冠動脈形成術(PCI)などの手術で血行を回復させる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
労作性狭心症
この病気に関連する症状
胸が痛い、胸が激しく痛い、突然胸が痛い、運動中に胸が痛い、胸が締め付けられる感じがする、肩がこる、肩が激しくこる... 続き(あと1症状)