- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

薬物性接触性皮膚炎
受診する科
皮膚科
基本情報
症状や特徴
化粧品を使ったことで、その場所が赤くなったり、発疹やにきびができるなどの異常が生じる。

使い始めてすぐに症状が現れることもあれば、アレルギーが生じて、ある日突然、刺激を感じることもある。

また、化粧品を使った部位が光に反応して炎症を起こすこともある。

そのまま使い続けていると症状が悪化する。

原因
化粧品の成分が皮膚にあわないために起こる。

主な治療法
原因となった化粧品の使用を中止する。

皮膚が敏感になっているため、症状が治まるまではほかの化粧品も使わないほうがよい。

成分表などでどの成分によって炎症が起こったのかがわかれば、今後はその成分を避ける。

症状にあわせてステロイドの塗り薬や細菌の増殖を抑える塗り薬、殺菌作用のある塗り薬を使用する。

かゆみがひどい場合は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤も服用する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
薬物性接触性皮膚炎
この病気に関連する症状
皮膚に発疹ができる、皮膚に赤い発疹ができる、皮膚がかゆい