- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

反回神経麻痺
受診する科
耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
息が漏れるような声しか出なくなる、声がかれる、小さな声しか出なくなる、裏返ったような声が出るなどの症状が見られる。

息切れをしたり疲労したりし、強い神経的ストレスを感じることもある。

無理をして声を出そうとすることによって喉頭に炎症が起こると、のどの痛みも感じる。

誤嚥も顕著な症状で、飲み込んだものが鼻に逆流したり、むせたり、細菌や胃液が肺に入り、嚥下性肺炎を起こすこともある。

さらに、炎症によって気道が狭くなると、呼吸困難や喘鳴がみられたり、副交感神経の阻害によって、肩が痛くなったり、肩が上がりにくくなったりすることがある。

原因
声帯を動かす神経である反回神経の障害によって起こるとされている。

反回神経は、脳幹、頸部、胸部など、幅広い部位を経由しているため、頸静脈孔腫瘍、食道がん肺がん乳がん甲状腺腫瘍、縦隔腫瘍、弓部大動脈瘤などが、反回神経麻痺を引き起こす場合もある。

また、気管内挿管による局所の循環障害が原因となることもある。

主な治療法
声を出したときの左右の声帯の間の間隔によって治療法が以下のように異なる。

狭い場合は、のどの外側から声帯にコラーゲン、脂肪、筋膜などを注入し、声帯を厚くする。

かなり狭い場合は、言語聴覚士について発声訓練を行って、声帯を矯正する。

広い場合は、甲状軟骨形成術Ⅰ型(甲状軟骨に穴をあけ、シリコンブロックなどを注入する)や披裂軟骨内転術(披裂軟骨を糸で引いて角度を変える)で麻痺した声帯を正しい位置に戻す。

また、両側反回神経麻痺による気道狭窄には、気管切開が行われる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
一側性反回神経麻痺、両側性反回神経麻痺、反回神経麻痺
この病気に関連する症状
ものが飲み込みにくい、息切れする、声がかれる、声がでにくい、のどが痛い、呼吸困難になる、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸)がある... 続き(あと1症状)