- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

変性すべり症
受診する科
整形外科
基本情報
症状や特徴
脊椎(せきつい)分離がないのにおこるすべり症で、腰痛のほか、症状がひどくなると、脚の痛みやしびれがおこる。

積み重なった椎骨(ついこつ)がズレている状態で、姿勢が悪くなったり、背中に階段状のくぼみがみられることがある。

少し歩くと脚の痛みやしびれで歩けなくなり、休むとまた歩けるようになる間欠性跛行(はこう)が現れることがある。

原因
加齢が原因で、中年以上の女性に多い。

検査
 ・レントゲン。

 ・MRI。

 ・CT。

主な治療法
ストレッチによって関節を伸ばし、腹筋と背筋を強化するほか、よい姿勢を保つようにする。

生活に支障がある場合は次のような治療を行う。

骨盤牽引、腰を温めたり冷やしたりする物理療法。

コルセットなどの使用、消炎鎮痛薬の使用。

末梢(まっしょう)神経に麻酔薬などを注射する神経ブロック療法。

神経を緩める除圧手術や脊椎固定手術。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
脊椎変性すべり症、腰椎変性すべり症、頚椎変性すべり症
この病気に関連する症状
腰が痛い、足が痛い、足がしびれる、足の力が入らない