- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

外耳炎
受診する科
耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
外耳道(耳の入り口から鼓膜の外側まで)全体に炎症が起こるものをびまん性外耳道炎、範囲の限られたものを限局性外耳道炎という。

まれに、糖尿病や白血病などの全身疾患の合併症として、外耳だけでなく頭蓋内まで侵入する悪性外耳道炎もある。

耳の痛み(とくに耳たぶを引っ張ると痛む)、かゆみ、灼熱感、耳だれ、耳閉感、耳鳴り、難聴などの症状がみられる。

原因
大半は耳掃除の際、耳かきや爪などで引っかき傷をつくり、そこから細菌が感染して炎症を起こしたものである。

主な治療法
多くの場合は放置しておいても自然に治る。

耳鼻咽喉科では、薬物療法として、外耳の消毒および抗菌薬とステロイド薬の配合された軟膏を処方する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
外耳道膿瘍、外耳道蜂巣炎、耳介蜂巣炎、壊死性外耳炎、悪性外耳炎、緑膿菌性外耳炎、びまん性外耳炎、出血性外耳炎... 続き(あと20病気)
この病気に関連する症状
耳だれがある、耳が痛い、耳がかゆい、耳がつまる、耳鳴りがする、耳が聞こえにくい