- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

多発性神経炎
受診する科
神経内科
基本情報
症状や特徴
末梢神経に障害が起こる病気をいう。運動神経が障害されると、筋力が低下したり、筋肉が萎縮したりする。感覚神経障害されると、しびれたり、暑さや寒さ、痛みなどの感覚神経が鈍くなったりする。自律神経が障害されると、立ちくらみや排尿障害、発汗低下などが生じる。多発性神経炎は、左右対称の複数の神経が障害され、特に両側の手足の末端に近いところに神経炎が起きて、膝から下が細くなったり、脚力がなくなったり、足の裏がしびれたりするなどの特徴的な症状がある。
原因
感染症や代謝の病気などいろいろあるが、もっとも多いのは、糖尿病性末梢神経障害である。
主な治療法
原因となる病気を治療し、ビタミンB群を服用する。この病気にかかると、足が高く上がらずにつま先を引っかけて転ぶことがあるので、転倒やけがに注意する。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
反復性多発性神経炎、多発ニューロパチー、多発性神経炎、多発性神経障害、末梢神経炎、末梢神経障害、糖尿病性多発ニューロパチー
この病気に関連する症状
筋力が低下する、からだの一部がしびれる、両手がしびれる、足がしびれる、手が痛い、足が痛い、温度の感覚がなくなる... 続き(あと2症状)