- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

子宮筋腫
受診する科
婦人科 / 産婦人科
基本情報
症状や特徴
子宮の筋肉の一部にできる良性の腫瘍でがん化することはない。

腫瘍ができる場所によって、「筋層内筋腫」、「漿膜(しょうまく)下筋腫」、「粘膜下筋腫」にわけられる。

粘膜下筋腫では、筋腫が小さくてもすぐに症状があらわれ、月経痛が強く、出血しやすい。

筋層内筋腫や漿膜下筋腫では、筋腫が小さいうちはほとんど症状があらわれないが、大きくなるにつれて、下腹部のしこりや張り、痛み、頻発月経過多月経、月経困難、腰痛、便秘、頻尿、排尿痛などがおこる。

原因
原因は不明だが、女性ホルモンが関与すると考えられる。

検査
 ・内診、細胞診。

主な治療法
がん化することはないので、日常に差し支えるような症状がなければ様子をみる。

次のような場合は手術を行う。

1.筋腫が握りこぶし大以上の大きさで不快症状がある。

2.筋腫は小さいがしばしば出血して貧血などの重い症状がある。

3.筋腫が短期間のあいだに大きくなる。

4.筋腫が不妊の原因と考えられる。

手術では、妊娠の可能性を残して筋腫だけを取り除く子宮筋腫核出術と妊娠の可能性がなくなる子宮全摘出がある。

手術方法としては、開腹手術、膣式手術、腹腔鏡下筋腫切除術、子宮鏡下筋腫切除術などがある。

薬物療法としては、月経を半年ほど止めて症状を軽くしたり筋腫を縮小させたりする方法もある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
子宮粘膜下筋腫、筋腫分娩、壁内子宮平滑筋腫、有茎性漿膜下子宮筋腫、有茎性漿膜下子宮筋腫茎捻転、漿膜下子宮平滑筋腫... 続き(あと8病気)
この病気に関連する症状
貧血になる、動悸がする、腰が痛い、下腹部が痛い、下腹部にしこりができる、便秘になる、何度もトイレに行きたくなる... 続き(あと4症状)