- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

小腸憩室(レンメル症候群)
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器外科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
小腸は十二指腸、空腸、回腸からなるが、憩室のほとんどが十二指腸にできるもので、それ以外にできるものが病気の原因になることはひじょうにまれである。十二指腸の憩室は、ほとんどの場合、自覚症状がなく、治療の必要もない。唯一問題になるのは、レンメル症候群で、憩室が胆管を圧迫し、胆石症と似た状態になり、閉塞性黄疸を引き起こす。
原因
食事の欧米化が関係していると考えられている。
主な治療法
憩室炎を起こさないかぎり、治療の必要はない。憩室炎を起した場合は、鎮痛薬、抗菌薬、止血薬などを用いて治療する。レンメル症候群を合併した場合は、憩室の切除手術を行う。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
小腸憩室穿孔、レンメル症候群、小腸憩室炎、小腸憩室症
この病気に関連する症状
お腹が痛い、発熱がある、黄疸(目や皮膚、顔色が黄色くなる)が見られる