- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

強膜炎
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
目の異物感や充血で始まり、炎症が強膜全体に至ると、夜眠れなくなるくらいの突き刺すような痛みに襲われる。

まぶしさや圧痛を感じることもあり、重症化すると眼球に穴があいて、摘出しなくてはいけない場合もある。

片方の目だけ、あるいは両目に発症する。

強膜炎には、強膜(眼球外壁の部分)の表面に起こる上強膜炎、広範囲に起こるびまん性強膜炎、しこりができる結節性強膜炎などがある。

原因
30~50歳代の女性に多く発症する。

関節リウマチ、全身性エテマトーデスなどの自己免疫疾患や、痛風、結核、梅毒などの炎症性疾患が原因となることがあるが、半数以上は原因不明である。

主な治療法
薬物療法ではステロイドの点眼薬や内服薬が用いられる。

免疫抑制薬が使われることもある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
強膜潰瘍、強膜炎、後部強膜炎、上強膜炎
この病気に関連する症状
目が痛い、目が激しく痛い、目の表面が痛い、目がごろごろする、目が充血する、涙がでる、目がまぶしい、目に異物感がある... 続き(あと1症状)