- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

心臓肥大
受診する科
循環器内科
基本情報
症状や特徴
心臓の筋肉を構成する細胞が大きくなり、心臓自体のサイズが大きくなっている状態。

心臓の伸縮する力が弱まり、血液を送り出す能力が低下し、不整脈が起きやすくなる。

また、全身の倦怠感、息切れ、むくみなど心不全の症状が起こる。

原因
さまざまな心臓病の影響で起こる。

心臓に高い負担がかかる高血圧症、ポンプ機能が低下する肥大型心筋症大動脈弁狭窄症などは、左心室に負担がかかって著しい心肥大が起こる。

主な治療法
心肥大そのものに対する治療はないため、原因疾患の治療を行う。

大動脈弁狭窄症などでは、弁形成術などを行うと心肥大は改善する。

急激にからだを動かすことによって起こる不整脈は命にかかわるので、安静を心掛ける。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
スポーツ心臓、両室肥大、右室肥大、左室肥大、巨大左心房、心房負荷、心拡大、心肥大
この病気に関連する症状
だるい・疲労・倦怠感がある、息切れする、むくみがある