- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

心臓弁膜症
受診する科
内科 / 循環器科
基本情報
症状や特徴
僧帽弁、大動脈弁、三尖弁、肺動脈弁の4つの弁によって形成されている心臓弁膜に障害が起きたことにより、心臓病となったものを総称して心臓弁膜症という。

機能障害による分類では、弁が十分に開かず、血液がきちんと流れない狭窄と、弁が完全に閉じず、血液の逆流が起こる閉鎖不全に大別される。

これらは同時に起こることあり、その場合は、○○弁狭窄兼閉鎖不全症と呼ばれる。

また、複数の弁に同時に起こることも多く、これは連合弁膜症と呼ばれる。

原因
原因によっても分類され、先天的異常と後天的異常がある。

後天的異常には、結合織疾患、リウマチ熱感染性心内膜炎によるもの、心筋症や動脈硬化症に伴うものなどがある。

主な治療法
呼吸困難などの症状に対する治療や、生命を守るための治療が行われる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
心臓弁膜症
この病気に関連する症状
下半身がむくむ、胸が痛い、息切れする、胸が締め付けられる感じがする、血圧が上がる、呼吸困難になる、足がむくむ... 続き(あと4症状)