- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

急性中耳炎
受診する科
耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
かぜ症候群や上気道炎の症状に続き、咳、のどの痛み、鼻水がみられ、続いて耳の痛みや耳が詰まったかんじがするといった症状が現れる。

乳幼児にはしばしば39℃以上の熱がみられる。

悪化すると、鼓膜が炎症で脆弱化し、中耳内にたまった膿汁の圧力によって鼓膜に穴があく。

そこから耳だれが出てくると耳の痛みが軽快するが、炎症は残っており、治療が不十分だと慢性化することがある。

原因
インフルエンザ桿菌などの細菌が鼻腔やのどから耳管を通って中耳腔内に侵入することによって起こる。

鼓膜に小さな穴があると、洗髪や水泳の際に外耳道から細菌が侵入して中耳炎になることもある。

主な治療法
通常は3日以内に自然に治癒するが、治らない場合は抗菌薬を用い、耳だけでなく、鼻やのどの治療も同時に行う。

中耳内に膿汁がたまっているときは、鼓膜切開を行い、滲出性中耳炎になるのを予防する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性滲出性中耳炎、亜急性アレルギー性中耳炎、亜急性ムコイド中耳炎、亜急性漿液ムチン性中耳炎、亜急性血性中耳炎... 続き(あと9病気)
この病気に関連する症状
耳が痛い、発熱がある、咳がでる、のどが痛い、鼻水がでる、耳だれがある、耳がつまる