- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

急性出血性結膜炎(アポロ病)
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
アポロ11号が月面着陸した1969年に世界的に流行したことから、アポロ病と呼ばれ、感染後1から2日で発症する。

流行性角結膜炎と同様に、目の充血や涙目、さらさらした目やに、まぶたの腫れ、耳前方のリンパ節の腫れや痛みがあることに加えて、白目部分が結膜下出血によって赤くなる特徴がある。

原因
エンテロウイルスやコクサッキーウイルスによる感染でおこる。

主な治療法
抗菌薬や消炎薬、ステロイド薬の点眼を行うが、治療によって回復を早めることはできず、治るまでには発症から約1週間かかる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
急性出血性結膜炎
この病気に関連する症状
目やにがでる、さらさらした目やにがでる、まぶたが腫れる、耳前方が痛い、耳前方が腫れる、リンパ節が痛い、リンパ節が腫れる... 続き(あと4症状)