- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

急性呼吸促迫症候群
受診する科
内科 / 呼吸器科
基本情報
症状や特徴
代表的な症状は、急激に進行する呼吸困難で、過呼吸、喘鳴、チアノーゼを伴う。

また、肺水腫を合併するため、肺水腫による症状もみられる。

肺以外の臓器にも影響が及び、多臓器不全に陥りやすい。

現在、根本的な治療法はなく、死亡率も40~60%と高い。

原因
肺炎、誤嚥など肺が直接害を受ける場合と、敗血症、外傷、やけど、ショック状態など、間接的に害を受ける場合など、原因はさまざまであるが、もっとも多いのは敗血症によるものである。

主な治療法
まずは原因である基礎疾患の治療をしっかり進めてから、呼吸管理や薬物療法などの治療を行う。

呼吸管理では、口や鼻から気管にチューブを挿入したり、気管切開により気管に直接チューブを入れたりして、人工呼吸器で高濃度の酸素を送り込む。

また、PEEPとよばれる方法により、呼吸機能の負担を減らす。

薬物療法では、必要に応じて好中球エラスターゼ阻害薬、血管拡張薬、利尿薬、大量のステロイド薬などを使用する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
ショック肺、急性呼吸窮迫症候群
この病気に関連する症状
息が荒くなる、呼吸困難になる、突然呼吸困難になる、チアノーゼ(唇や爪など皮膚が紫色になる)がある、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸)がある... 続き(あと4症状)