- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

急性胃炎
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
胃の粘膜に炎症ができたことによる、急激な胃や上腹部の痛み、不快感、吐き気、嘔吐、食欲低下などの自覚症状があり、発熱や吐血、下血がみられることもある。

急性胃炎で内視鏡検査をすると、食道、胃、十二指腸にわたって出血やびらん、潰瘍がみられるときがあり、これを急性胃粘膜病変(AGML)という。

激しい嘔吐や腹痛、高熱、意識障害があるときや症状が長く続く場合は、別の病気である可能性があるので速やかに受診する。

原因
原因は多岐にわたる。


・精神的や身体的なストレス
・暴飲暴食
・刺激物の摂取(香辛料やアルコール、コーヒーなど)
・喫煙
・薬剤(解熱鎮痛薬、ステロイド薬、抗菌薬、農薬、洗剤など)
・感染症(インフルエンザウイルス、食中毒、寄生虫の感染)
・特定の食物に対するアレルギー反応
・検査や治療によるもの(放射線治療、抗がん剤治療、肝動脈塞栓術)など。

原因がひとつの場合もあれば、複合的な場合もある。

主な治療法
原因を明らかにして、その原因を取り除く。

軽症の場合は、半日程何も食べず、胃を休ませ、からだを安静にすることによって多くの場合は改善する。

水分補給を欠かさない様気をつけ、吐き気や腹痛が落ち着いたら徐々に普通食に戻す。

出血がある場合は、内視鏡的止血を行うこともある。

胃酸の影響を抑えるためにH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬、酸分泌制御薬、胃粘膜防御因子増強薬などを単独、あるいは組み合わせて使用する。

また、不安感が強い時には抗不安薬を用いることもある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
出血性胃炎、急性びらん性胃炎、急性胃炎、胃周囲炎、胃空腸周囲炎、胃蜂窩織炎
この病気に関連する症状
突然胃が痛い、みぞおちが痛い、胃がむかつく、吐き気がする、嘔吐する、発熱がある、吐血する、下血(黒いタールのような便がでる)がある