- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

急性腎不全
受診する科
腎臓内科
基本情報
症状や特徴
血液をろ過した老廃物を尿として出す腎臓の機能が、数日から数週間の間に急激に、正常な状態の30%以下まで低下するもの。

多くの場合、乏尿や無尿が起こり、むくみがおこることも多くなる。

老廃物が体内に蓄積されることにより、疲労感や倦怠感、食欲減退、吐き気、集中力の低下が現れる。

原因
出血性ショックや脱水症状などによって腎臓への血流が少なくなる(腎前性)。

急性腎炎など腎臓そのものに障害がおきる(腎性)。

尿管が閉塞し、尿が滞ることによっておきる(腎後性)。

主な治療法
原因となる病気の治療が第一。

人工透析を行いながら腎臓の回復を待つ(腎前性、腎性)。

尿管閉塞を除去する(腎後性)。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
ショック腎、急性尿細管壊死、急性腎皮質壊死、腎乳頭壊死、腎髄質壊死、急性腎不全、急性腎前性腎不全、急性腎後性腎不全... 続き(あと1病気)
この病気に関連する症状
食欲がない、吐き気がする、だるい・疲労・倦怠感がある、尿量が減る、むくみがある