- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

急性膵炎
受診する科
内科 / 消化器内科 / 消化器科
基本情報
症状や特徴
上腹部から背中、肩にかけて激しい痛みがあり、前屈すると痛みが軽くなるのでエビのような姿勢になるのが特徴。嘔吐や発熱、下痢、腹部の張った感じもある。症状が重くなると脱水症状になり、血圧が下がり、ショック状態、意識の低下、頻脈、チアノーゼなどが現れる。最初は軽症でも急激に重症に転じることがあり、特定疾患に指定されている重病急性膵炎敗血症腎不全心不全などの多臓器不全を起こして死に至ることもある。
原因
40%はアルコールが原因で起こる。体調が悪いときにアルコールを多飲し、脂肪分の多い食事を摂ることがきっかけで起こることもある。胆石症や腹部の外傷で膵液の出口がふさがり、内視鏡的逆行性胆管膵管造影の後に起こることや、原因がはっきりしないこともある。
主な治療法
鎮痛薬、たんぱく分解酵素阻害薬、輸液、抗菌薬などを用いる。結石があるときは、摘出手術を行うこともある。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
アルコール性急性膵炎、ステロイド誘発性膵炎、亜急性膵炎、再発性急性膵炎、化膿性膵炎、壊死性膵炎、急性出血壊死性膵炎... 続き(あと10病気)
この病気に関連する症状
わき腹が激しく痛い、背中が痛い、嘔吐する、発熱がある、下痢になる、膨満感がある、血圧が下がる、意識がはっきりしない... 続き(あと2症状)