- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

慢性前立腺炎
受診する科
泌尿器科
基本情報
症状や特徴
前立腺に起こる炎症で、全身症状が出ることは少なく、排尿痛や頻尿などが主な症状で、発熱もない。陰嚢に違和感があることも多い。
原因
前立腺に細菌が感染して慢性化したものと、細菌の感染がない非細菌性のものがある。非細菌性の慢性前立腺炎にはクラミジアやマイコプラズマなど細菌ではない病原体が関与している可能性もあるが、はっきりした原因はわからない場合もある。ストレスや免疫、骨盤底筋の緊張や骨盤内静脈のうっ血なども影響していると考えられている。
主な治療法
ニューキノロン系の抗菌薬の内服が4週間程度行なわれ、また、排尿改善薬のα1ブロッカーや植物製剤が用いられる場合もある。水をたくさん飲む、からだを動かして骨盤内のうっ血を防ぐ、射精によって前立腺分泌物を排出するなどの方法も効果がある。違和感が心因性の場合には、心療内科や精神科への受診が勧められることもある。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
前立腺痛、慢性前立腺炎、慢性前立腺炎急性増悪、慢性細菌性前立腺炎、慢性非細菌性前立腺炎、非炎症性慢性骨盤内疼痛症候群
この病気に関連する症状
排尿痛がある、何度もトイレに行きたくなる、下腹部に不快感がある