- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

慢性咽頭炎
受診する科
内科 / 耳鼻咽喉科
基本情報
症状や特徴
のどに不快感、乾燥感、異物感などがあり、咳、喀痰の増加や咽頭粘膜が腫れる。

粘膜が萎縮して乾燥し、粘膜やかさぶたが付着することもある。

原因
慢性鼻炎や、慢性副鼻腔炎、慢性化膿性中耳炎などで鼻水や膿が咽頭を刺激し、炎症が起こる。

急性咽頭炎から、弱毒菌による二次感染を起こしたために慢性化したもの、花粉などのアレルギーによるもの、喫煙やアルコールの過剰摂取、職業的に特殊ガスを吸い続けているために起こることもある。

ビタミン欠乏や貧血、更年期障害の症状として炎症を起こす場合もある。

近年は、遅い時間の夕食や高脂肪食の影響で就眠中に胃酸がのどに逆流し、咽喉頭に慢性炎症が引き起こされる、咽喉頭酸逆流症が増えている。

主な治療法
薬物療法として、原因となる他の病気や習慣を取り除き、うがいでのどを清潔にし、患部にプロタゴール液や塩化亜鉛薬などの咽頭湿布薬を塗布する。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
乾燥性咽頭炎、慢性咽頭カタル、慢性咽頭炎、慢性咽頭 痛、濾胞性咽頭炎、肥大性咽頭炎、萎縮性咽頭炎、顆粒性咽頭炎
この病気に関連する症状
のどが腫れる、のどが赤くなる、のどに違和感がある、咳がでる、痰がでる