- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

慢性硬膜下血腫
受診する科
脳神経外科
基本情報
症状や特徴
症状は徐々に現れ、頭痛や軽い麻痺、計算ができなくなるなどの知能障害、尿失禁などの排尿障害、意識障害などが起こる。

そのまま放っておくと物忘れなどの症状がひどくなったり、性格が怒りっぽくなったり、イライラが強くなったりして、精神面、性格面に影響が出る事もある。

脳を包んでいる硬膜とくも膜の間で出血し血腫ができるもの。

原因
頭部外傷によるものが多い。

一般に40~60歳代の大量飲酒家に多いといわれ、けがをしてから1日から数週間遅れて症状が現れる。

まれに血液疾患に起因する場合もある。

検査
CT検査
主な治療法
手術では、頭に小さな穴を空け、血腫を吸引して洗い流す血腫吸引術を行う。

最近では漢方薬の有効性も報告されている。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
半球間硬膜下血腫、外傷性慢性硬膜下血腫、硬膜下血腫、閉鎖性半球間硬膜下血腫、閉鎖性硬膜下血腫、開放性半球間硬膜下血腫... 続き(あと4病気)
この病気に関連する症状
記憶障害がある、怒りっぽくなる、計算ができない、尿を漏らす、からだの一部が麻痺する、からだの片側が麻痺する... 続き(あと8症状)