- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

房室ブロック
受診する科
循環器内科
基本情報
症状や特徴
心房と心室の境界にある房室結節やヒス束、ブルキンエ線維の機能が悪いため、心室に電気が伝わらなくなり、徐脈(ゆっくりとした脈)がおこる。

極端に脈が遅くなる場合は、めまいやふらつき、失神を起こしたり、心不全になったりして、心停止する場合もある。

原因
心筋梗塞や心筋症などの心臓の病気にともなって起きることがある。

高カリウム血症の人や、β遮断薬を服用している人にもおこる。

検査
 ・心電図。

 ・電気生理検査。

主な治療法
原因となる病気や、原因薬物がある場合は、それを取り除く。

極度の徐脈で失神や心不全がおこる場合は、ペースメーカーを埋め込む必要がある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
第1度房室ブロック、ウェンケバッハ型第2度房室ブロック、モビッツ2型第2度房室ブロック、第2度房室ブロック... 続き(あと5病気)
この病気に関連する症状
意識を失う、脈が乱れる、脈が遅くなる、息切れする