- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

末梢神経障害
受診する科
神経内科
基本情報
症状や特徴
自律神経、運動神経、感覚神経に障害が生じる病気で、どの神経に障害が起こったによって症状が異なる。自律神経が障害されると、急に立ち上がったときに血圧が急激に下がる起立性低血圧になって、脳貧血(立ちくらみや失神)を起こしやすくなったり、便秘や下痢を繰り返したり、勃起不全になったりする。運動神経が障害されると、特に足の筋力が落ち、しゃがんだら立ち上がれないこともある。感覚神経が障害されると、特に両手足にしびれや痛みを感じたり、からだのバランスがとりにくくなったり、温感や触覚、痛覚が鈍くなってやけどやけがの事故が増える。ひとつの末梢神経が障害される場合を単神経障害、全身の末梢神経が障害を受ける場合を多発神経障害、あちこちに単神経障害が現れるものを多発性単神経障害という。
原因
単神経障害では、末梢神経が周りの組織に圧迫されて、顔面、手や腕、足などの麻痺として現れる絞扼性(こうやくせい)神経障害がある。多発神経障害では、糖尿病や尿毒症などの代謝性疾患、細菌やウイルスなどの感染症、ギラン・バレー症候群のようにかぜが治った後に起こるアレルギー反応、錫(すず)や有機水銀などの重金属による中毒、悪性腫瘍、遺伝などが原因となる。多発性神経障害では、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患にともなって起こる血管炎が原因となる。
主な治療法
原因となる病気を治療し、しびれや痛みには対症療法を行う。低下した機能を回復させるには、筋萎縮や筋力低下を防ぐ補助具を使用し、リハビリテーションを行う。神経のはたらきをよくするビタミンB群を薬として服用する。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
多発性単ニューロパチー、多発性単神経炎、1型糖尿病性末梢神経障害、2型糖尿病性末梢神経障害、糖尿病性末梢神経障害... 続き(あと4病気)
この病気に関連する症状
筋力が低下する、からだの一部がしびれる、手がしびれる、両手がしびれる、足がしびれる、手が痛い、足が痛い... 続き(あと5症状)