- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

正常眼圧緑内障
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
眼圧が正常な範囲(およそ21mmHg)にありながら、視神経と視野の障害を起こすもの。

初期にはほとんど症状がないが、進行するにつれて、目がかすむ、目が疲れやすいといった症状が出て、視力が低下する。

眼底視神経周辺の出血が多い、視野欠損のおこる場所が視野の中心部で上方に出ることが多いといった特徴がある。

原因
視神経に栄養を送る毛細血管が正常の眼圧に耐えられず、血液循環が悪くなるためにおこる。

検査
【自己チェック】
 片方の目で見たとき、鼻側や正面の上下の視野が狭くなっているかチェックする。

【検査】
 ・視野検査。

 ・眼底検査。

 ・眼圧検査。

主な治療法
眼圧を低くする眼圧下降薬を点眼する。

効果がみられない場合は、炭酸脱水酵素阻害薬も併用して内服する。

薬物療法で効果がない場合に、レーザー光線で隅角の排出路を修復したり、眼球に小さな穴をあけて、眼内の房水を眼外の結膜下に流し、眼圧低下を図る治療を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
正常眼圧緑内障
この病気に関連する症状
目がかすむ、目が疲れやすい、視力が低下する、目が見えにくい、ものの中心部が見えにくい