- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

気胸
受診する科
内科 / 呼吸器外科 / 呼吸器科
基本情報
症状や特徴
二重構造になっている胸膜のどちらかが破れ、胸腔内に空気が入った状態。

縮ませる力と引っ張る力のバランスが崩れることで、肺はしぼんでしまい、突然胸が痛くなったり、息切れや呼吸困難が生じたりする。

原因
もっとも多くみられる自然気胸は、肺嚢胞が破裂して胸膜が破れ、肺の中の空気が胸膜内に漏れ出すことで起こる。

また、COPD(慢性閉塞性肺疾患)や肺結核などの病気が原因で胸膜がダメージを受け、そこから胸膜腔内に空気が入ることもある。

これとは別に、交通事故などによる外傷で骨折した肋骨が、肺に突き刺さったりすることなどで起こる外傷性気胸もある。

主な治療法
軽度の場合は安静にすることが大切で、自然に破れた胸膜がふさがる。

状態が悪い場合は、胸膜腔内にドレーンチューブを挿入し、中にたまった空気を吸引して外に出す胸腔ドレナージが行われる。

再発を繰り返す場合や、肺が元のように膨らまない場合などは、鏡腔鏡下手術が行われる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
緊張性気胸、特発性気胸、自然気胸、続発性気胸、気胸
この病気に関連する症状
胸が痛い、突然胸が痛い、呼吸困難になる、息切れする