- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

水頭症
受診する科
小児科 / 脳神経外科
基本情報
症状や特徴
先天性(小児)水頭症…乳幼児が水頭症になると、頭囲が異常に大きい、頭頂部の大泉門が膨らみなかなか閉じない、手足を突っ張らせたり、うとうとと眠ったり、甲高い声で泣く、黒目が引っ張られるように下を向く(落陽現象)等の症状が現れる。

若年性水頭症…頭蓋内圧が高まるため、頭痛、吐き気・嘔吐が起こる。

集中力や注意力も低下し、悪化すると意識障害や運動障害、眼球障害が現れる。

正常圧水頭症…認知症、歩行障害、尿失禁などを伴う。

原因
脳脊髄液が多量にたまって脳室が拡大し、さまざまな症状を引き起こす。

先天性水頭症 … 乳児期にみられる先天性の脳や血管の異常。

若年性水頭症 … 幼児から児童にみられる中脳水道の狭窄などで生じる頭蓋内圧亢進によって起こる。

正常性水頭症 … 成人にみられるくも膜下出血髄膜炎などから起こるが、原因を特定できない本態性の場合もある。

検査
頭部CTやMRIなどから診断する。

主な治療法
【手術】脳室と腹部に管を通し、脳室にたまった余分な髄液を腹部に吸収させるシャント手術が行われる。

また内視鏡による手術や、腫瘍の摘出など原因疾患の治療も行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
交通性水頭症、代償性水頭症、非交通性水頭症、正常圧水頭症、外傷後水頭症、耳性水頭症、慢性硬膜下水腫、水頭症... 続き(あと8病気)
この病気に関連する症状
意識がはっきりしない、集中力が低下する、注意力が低下する、吐き気がする、歩行困難になる、尿を漏らす、頭が痛い... 続き(あと2症状)