- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

注意欠陥・多動性障害(ADHD)
受診する科
小児科 / 小児精神科 / 精神科
基本情報
症状や特徴
好きなことには集中できるがほかのことには集中できず、じっとしていることができないでつねに動き回る、学習などの活動が困難な状態。

知能指数(IQ)はふつうだが協調性がないため、座って授業を受けられないなど学校生活でトラブルを起こしがちになる。

主な治療法
我慢をしたり、行動パターンを修正するトレーニングを行う。

本人だけでなく、親子で取り組んだり、精神療法を行うことも多い。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
注意欠陥多動障害、多動性素行障害、多動性障害、小児行動異常
この病気に関連する症状
じっとしていられない