- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

特異的発達障害(学習障害)
受診する科
小児科 / 小児精神科 / 精神科
基本情報
症状や特徴
ほかのことはできるのに、なぜか計算ができない、字が読めないなど一部の学習だけが著しく苦手な状態。

この「できない」状態は決して怠けているわけではなく、本人も「なぜできないのか」、「自分はダメな人間なのでは」と悩み苦しんでいることが多く、周囲のサポートが大事。

主な治療法
まずは、専門の医療機関や療養機関で学習障害かどうかの診断を受けて、今後のサポートの方針を検討する。

専門家がそのこどもに合わせて粘り強く指導することで、社会に適応できるようになる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
特異的読字障害、発達性読字障害、書字障害、特異的書字障害、ゲルストマン症候群、発達性計算障害、計算障害... 続き(あと6病気)
この病気に関連する症状
計算ができない