- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

痔瘻(あな痔)
受診する科
肛門科
基本情報
症状や特徴
肛門周囲膿瘍(のうよう)の進んだ段階と考えられる。

肛門周囲膿瘍が自然と破れたり、切開することによって、感染した肛門内と肛門周囲の皮膚や直腸の中とがトンネル状につながった状態。

トンネルがふさがって膿が排出されなくなると痛みや腫れがおこるが、膿が出てトンネルの通りが良くなると症状がなくなる。

原因
肛門周囲膿瘍の症状が繰り返され、感染した肛門内と肛門周囲の皮膚や直腸の中とがトンネル状につながることでおこる。

検査
 ・問診、視診、指診、肛門鏡診、直腸鏡診。

主な治療法
一般的には入院手術を行う。

トンネル上の瘻管(ろうかん)にそって皮膚や粘膜を切開して瘻管を切除したり、瘻管だけをくりぬく術法がある。

手術をしないシートン法という治療もあるが、治療までに時間がかかったり、適応できる痔瘻のタイプに限りがある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
低位筋間痔瘻、内痔瘻、単純痔瘻、坐骨直腸窩痔瘻、外痔瘻、慢性痔瘻、痔瘻、複雑痔瘻、骨盤直腸窩痔瘻、高位筋間痔瘻
この病気に関連する症状
発熱がある、肛門が激しく痛い、肛門が腫れる