- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

瘢痕性脱毛症
受診する科
皮膚科
基本情報
症状や特徴
ほかの病気などによって、毛髪が生えるための毛包組織が破壊された状態を瘢痕性脱毛症とよぶ。

いったんこの状態になった部位は、毛包が消えてしまい、その後は毛髪が生えてこない。

原因
ほかの皮膚の病気や腫瘍、感染症、やけどなど、原因はさまざまである。

原因となる皮膚の病気として、限局性強皮症や萎縮性硬化性苔癬などの跡が残る病気がある。

このほか、毛包が炎症を起こしている毛包炎などがある。

毛包炎は男性に多くみられる。

ほかの原因の病気については、診断や治療が難しいものがあるが、初期段階で毛包が壊れる以前であれば、瘢痕性までに至らない場合もあるため、早期に専門医を受診することが勧められる。

主な治療法
頭部の皮膚異常があった段階で専門医を受診し、原因を特定してから治療を始める。

症状が治まってから。

脱毛部位を目立たなくするために、部位を縫い合わせることがある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
萎縮性脱毛症、毛孔性扁平苔癬、脱毛性毛包炎、頭部膿瘍性毛包周囲炎、瘢痕性紅斑性網様毛包炎、外傷性脱毛症... 続き(あと1病気)
この病気に関連する症状
髪の毛が抜ける