- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

眼瞼外反
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
まぶたが外側を向いて、閉じられなくなる状態。

眼瞼内反ほど頻度は高くないが、まぶたが外側にめくれるため、角膜やまぶたの裏側を覆う結膜が露出して乾燥したり、傷ついたりする。

涙が出やすくなる。

重度の場合、角膜に障害が起こり、視力の低下や、失明を招くこともある。

原因
加齢や顔面麻痺によって、筋肉や靭帯などの眼瞼支持組織が緩み、まぶたのバランスが崩れることによる。

また、やけどやけがの傷跡などにより起こる場合もある。

主な治療法
結膜や瞼板など、まぶたの内側の組織が不足している場合は筋肉や靭帯を修復する手術や皮膚移植を行う。

点眼薬をこまめに使用して、角膜や結膜の乾燥を防ぐことも大切である。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
痙性眼瞼外反症、瘢痕性眼瞼外反症、眼瞼外反症、老人性眼瞼外反症、麻痺性眼瞼外反症
この病気に関連する症状
涙目になる、視力が低下する