- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

概日リズム障害
受診する科
内科 / 精神科
基本情報
症状や特徴
何らかのきっかけで、朝起きて夜眠るという体内リズムが乱れた状態。

疲れやすく、食欲がでないなどのうつ症状が出やすい。

原因
不規則な勤務の仕事や時差ぼけなどがきっかけとなる。

明らかなきっかけがない場合でも、夜寝る時間が遅くずれる睡眠相後退症候群、寝る時間が早まる睡眠相前進症候群などがある。

主な治療法
夜は周囲を暗くし、静かな状態にして眠る。

睡眠相後退症候群では、朝、光を当てるなどして、決まった時間におきるようにする。

その他、ビタミンB12の摂取や日光浴が効果があるとされる。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
不規則睡眠、睡眠リズム障害、睡眠相後退症候群
この病気に関連する症状