- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

睫毛乱生
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
まつげ(睫毛)が不規則に生える状態をさす。

一本だけの場合も、複数のまつげに症状が見られる場合もある。

まぶたに異常はないが、内側に向いて生えるまつげが眼球の表面を傷つけるため、異物感や痛みを感じる。

乳幼児ではこのほかにまばたきが多い、光を異常にまぶしがる、涙目(流涙)や目やになどの症状がみられる。

原因
まつげの毛根部の炎症によって起こる場合があるが、はっきりとした理由は明らかになっていない。

主な治療法
まつげを抜いても一時的な症状の改善でしかなく、繰り返し抜いていると、炎症を起こす可能性がある。

毛根を電気破壊して生えてこないようにする方法が一般的だが、効果は永久的ではない。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
睫毛乱生症
この病気に関連する症状
目がまぶしい、まばたきが多い、目やにがでる、涙目になる