- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

硝子体混濁
受診する科
内科 / 呼吸器科 / 眼科
基本情報
症状や特徴
透明であるはずの硝子体に濁りが生じる。

飛蚊症や霧視、視力低下などが起こる。

炎症性疾患によるものでは、目からの出血や炎症症状が現れる。

原因
先天性によるもの、加齢によるもの、目の病気によるものがある。

炎症性疾患によるものが多く、真菌性眼内炎、細菌性眼内炎、桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)など感染性のものと、ぶどう膜炎ベーチェット病サルコイドーシス)など非感染性のものがある。

主な治療法
感染性のものには、薬物療法として抗真菌薬、抗ウイルス薬などを用い、原因疾患が特定できない場合は、ステロイド薬を用いる。

また、原因を特定するための診断的硝子体手術や、混濁を除去する方法も行われている。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
生理的飛蚊症、硝子体混濁
この病気に関連する症状
目がかすむ、蚊や糸くずのようなものが飛んで見える、視力が低下する