- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

磨耗症
受診する科
歯科
基本情報
症状や特徴
歯ブラシの摩擦によって、歯と歯肉の境目にあるエナメル質が削られ、中の象牙質が露出する。

さらに、歯ブラシによって象牙質がえぐられると、歯がくさび状欠損の状態になり、歯ブラシや冷水、温水が患部に触れるときに痛む知覚過敏症になる。

慢性化すると痛みは少なくなるが、歯の表面が固くなり、象牙質が黄色っぽく変色する。

この状態になるとむし歯になる可能性が高まる。

原因
磨耗症の原因のほとんどは、誤った歯みがき法にある。

ただし、歯に圧力をかける仕事の従事者にもしばしば発症する。

主な治療法
なるべく早く歯科医を受診することが勧められる。

歯科医では、歯がすり減った部分に薬剤を塗布し、接着剤のレジンを充填する。

レジン充填の前に、イオン導入措置をとることもある。

このほか、レーザー照射や人工的に象牙の管をつめることもできる。

正しい歯みがきの仕方について、歯科医の指導を受けることが大切である。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
歯磨剤性歯磨耗症、歯質くさび状欠損、磨耗症、習慣性歯磨耗症、職業性歯磨耗症
この病気に関連する症状
歯がしみる、歯が痛い