- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

空気嚥下症(かみしめ呑気症候群など)
受診する科
内科 / 心療内科 / 消化器内科 / 消化器科 / 胃腸科
基本情報
症状や特徴
食事以外のときも空気を飲み込むことを習慣にしていると、飲み込んだ空気が胃や腸にたまり、上腹部の膨満感、圧迫感、左上腹部や左側腹部の痛み、しゃっくり、放屁などを起こすことがある。胃や大腸にたまった空気が左横隔膜を圧迫すると、動悸や息切れなど心臓病に似た症状を訴える場合もある。
原因
原因は明らかではないが、消化管が閉塞しているとき、心不全呼吸不全などがあると起こりやすくなり、早食い、がぶ飲み、口呼吸の人にも起こりやすいといわれる。 さらに、抑うつ、神経症など、精神的に不安定な状態になっているときにも起こりやすくなる。
主な治療法
消化器官に異常がないか検査し、異常がある場合は原因となる病気の治療を行う。緊張や不安による場合は、ストレスを取り除くために、心療内科などを受診する。
wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
空気嚥下症
この病気に関連する症状
左わき腹が痛い、膨満感がある、動悸がする、息切れする、げっぷがでる