- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

糖尿病性昏睡
受診する科
内科 / 内分泌内科 / 神経内科 / 糖尿病科
基本情報
症状や特徴
著しいのどの渇きやだるさ、嘔吐で、意識を失う。

非常に危険な状態のため、緊急治療を受ける必要がある。


【関連する健診項目】

HbA1c、空腹時血糖


生活習慣病リスクを100万人データでかんたん分析!

分析サンプル

原因
糖尿病の治療中にインスリンの量を急に減らしたり中断した場合に、インスリン不足によって糖代謝に異常がおこる。

その結果つくられるケトン体という酸性物質によって血液が酸性化し、脳のはたらきに障害をおこして昏睡状態となる。

主な治療法
輸血とインスリンを用い、必要に応じて入院治療を行う。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
緩徐進行1型糖尿病・昏睡合併あり、1型糖尿病・昏睡合併あり、1型糖尿病性低血糖性昏睡、1型糖尿病性昏睡... 続き(あと11病気)
この病気に関連する症状