- Beta - 100万人データをあなたのミカタに

糖尿病性網膜症
受診する科
眼科
基本情報
症状や特徴
糖尿病性腎症糖尿病性神経障害とともに三大糖尿病合併症のひとつ。

糖尿病発症から数年あるいは10年以上たって発症する場合が多く、相当重症化するまで自覚症状はないが、重症化すると失明の危険がある。

病気の進行の度合によって、単純糖尿病網膜症(初期)、前増殖糖尿病網膜症(中期)、増殖糖尿病網膜症(重症)に分類される。


【関連する健診項目】

HbA1c、空腹時血糖


生活習慣病リスクを100万人データでかんたん分析!

分析サンプル

原因
血糖値の高い状態が長期にわたることで、網膜の血管が変性したり詰まったりして栄養や酸素が網膜に行き渡らなくなる。

その結果、網膜内の酸欠状態を治そうと新しい血管ができるようになり、その血管が破れることでさまざまな障害が現れる。

検査
【眼底検査】
 ・単純糖尿病網膜症:半年に1度。
 ・前増殖糖尿病網膜症:2か月に1度。
 ・増殖糖尿病網膜症:2週間に1度。

主な治療法
早期発見と早期治療が重要。

初期の治療は血糖降下薬で血糖値を下げることを目的とした内科治療が主体。

手術では、レーザー光線を使って新生血管の発生を防ぐ汎網膜光凝固(はんもうまくひかりぎょうこ)治療、血管瑠へのレーザー照射やステロイド薬注射のほか、硝子体を取り除く硝子体切除術などがある。

wellcanにご登録いただくと、病気検索以外にもさまざまな機能がお使いいただけます! wellcan 新規登録
100万人健診値別グラフ
下のそれぞれの健診値別グラフは、この病気で入通院している人の割合(%)を年齢別、BMI別(肥満度の指標)、HbA1c別(血糖値の指標)、中性脂肪別に示したものです(従って、稀な病気ではすべての年齢でバーがほとんど見られなくなります)。 
各健診値が高くなるにつれてバーが長くなる傾向がある場合は、その健診値が病気と関連があることを示します(例:高血圧症、脳卒中等の生活習慣病)。

この病気に含まれる他の病名
増殖性糖尿病性網膜症・1型糖尿病、緩徐進行1型糖尿病・眼合併症あり、1型糖尿病・眼合併症あり、1型糖尿病性中心性網膜症... 続き(あと28病気)
この病気に関連する症状
目がかすむ、視力が低下する、蚊や糸くずのようなものが飛んで見える、ものがゆがんで見える